スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2016'03.06 (Sun)

精油紹介【ベルガモット&グレープフルーツ】

コハナのブログをご覧の皆さん、こんにちは!

本日はベルガモットとグレープフルーツの
柑橘系の2種類をご紹介します。

ベルガモット…イタリアで多く栽培される果実で
果肉は食用には向かず、主に果実の皮を香りづけとして
使用されます。紅茶の「アールグレイ」がその代表例だそうです。
(初めて知りました…!)

蠕動運動(胃や腸の収縮運動)促進作用
食欲不振など食生活での不調や、
抗炎症、抗菌、抗ウィルス作用などにより、
呼吸器系や泌尿器系の不調にも効果的です。

防虫効果もあり、虫よけとして利用されることも。

そしてもう一種類のグレープフルーツ…
こちらは果肉をばっちり美味しく
頂くことができますね(好きです)

柑橘系は気分を明るくしたり、
消化器系の不調改善など、
その作用も重なる事が多いのですが
中でもこのグレープフルーツの特徴というと

むくみの解消、体液・疲労物質の排出を促す
デトックス効果が話題となり一時期ダイエット特集も
組まれていたので、ご存知の方も多いかもしれません。

★この二つの精油の注意事項
柑橘類に含まれるベルガプテンという
物質には「光毒性」という
肌に塗布したあと日光(紫外線)を
浴びると成分が反応し、色素沈着や
炎症を起こすことがあります。

なので、肌へのトリートメントに使う場合は
ベースのオイルで正しく希釈する事、
使用後、一定時間は紫外線に
当たらない事…を、ご注意下さいね。

多くの柑橘系の精油には含まれておりますが、
近年ではその成分を除いて、トリートメント向けに
処理された精油があり、それは
ベルガプテン・フロクマリン・フリー(FCF)
と表記されて、ございます(^^)♪
スポンサーサイト
23:44  |  ★精油のご紹介  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。