スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2016'03.06 (Sun)

精油紹介【ベルガモット&グレープフルーツ】

コハナのブログをご覧の皆さん、こんにちは!

本日はベルガモットとグレープフルーツの
柑橘系の2種類をご紹介します。

ベルガモット…イタリアで多く栽培される果実で
果肉は食用には向かず、主に果実の皮を香りづけとして
使用されます。紅茶の「アールグレイ」がその代表例だそうです。
(初めて知りました…!)

蠕動運動(胃や腸の収縮運動)促進作用
食欲不振など食生活での不調や、
抗炎症、抗菌、抗ウィルス作用などにより、
呼吸器系や泌尿器系の不調にも効果的です。

防虫効果もあり、虫よけとして利用されることも。

そしてもう一種類のグレープフルーツ…
こちらは果肉をばっちり美味しく
頂くことができますね(好きです)

柑橘系は気分を明るくしたり、
消化器系の不調改善など、
その作用も重なる事が多いのですが
中でもこのグレープフルーツの特徴というと

むくみの解消、体液・疲労物質の排出を促す
デトックス効果が話題となり一時期ダイエット特集も
組まれていたので、ご存知の方も多いかもしれません。

★この二つの精油の注意事項
柑橘類に含まれるベルガプテンという
物質には「光毒性」という
肌に塗布したあと日光(紫外線)を
浴びると成分が反応し、色素沈着や
炎症を起こすことがあります。

なので、肌へのトリートメントに使う場合は
ベースのオイルで正しく希釈する事、
使用後、一定時間は紫外線に
当たらない事…を、ご注意下さいね。

多くの柑橘系の精油には含まれておりますが、
近年ではその成分を除いて、トリートメント向けに
処理された精油があり、それは
ベルガプテン・フロクマリン・フリー(FCF)
と表記されて、ございます(^^)♪
スポンサーサイト
23:44  |  ★精油のご紹介  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2016'03.06 (Sun)

精油紹介【フランキンセンス】

コハナのブログをご覧の皆さま、こんばんは!

精油とは?

精油紹介【ラベンダ−】

に続きまして、
本日は「フランキンセンス」という
精油をご紹介したいと思います。

心に静かにしてくれる
<鎮静作用>があり、
イライラや不安といった
起伏のある感情にのまれそうなときに
オススメです。(^^)

また呼吸を深め、肺や鼻の炎症を抑える
<抗炎症作用>があり、
喘息・気管支炎の緩和に効果的と言われています。

砂漠でも潤いを蓄えながら自生する樹木なので
皮膚の炎症を抑えるだけでなく
細胞の再生を活性化を促す作用も。

ラベンダーとフランキンセンスは
効能という点でも
(神経系をリラックスさせながら、
穏やかに働きを高める効能)
相性がよいのでこの二つの精油の
「リラックス・ブレンド」は
コハナでも人気です♪

個人的に、
フランキンセンスの香りは
それだけでも好きなのですが、
ラベンダーとブレンドするとカドがとれ
マイルドに感じます(* ´ ▽ ` *)
23:19  |  ★精油のご紹介  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2016'02.24 (Wed)

精油紹介【ラベンダー】

コハナのブログをご覧の皆さま、こんばんは。
今回は精油【ラベンダー】のご紹介です(* ´ ▽ ` *)

ストレスや緊張でこわばる気持ちを和らげる
<鎮静作用>があり、
イライラや興奮をおだやかにする
安眠のハーブとして有名です。

皮膚に対しても、炎症をおさえ、組織の回復を促す
<消炎作用><抗菌作用>があります。
かゆみを和らげたり、やけどの治りを早めたり、
更には、免疫力のUPなどの効能もさることながら
比較的どの香りともケンカをしないことから
アロマテラピーでは使われる事の多い精油です。

注意点としては、<血圧降下作用>から、
低血圧の方は気をつけて頂きたいこと、

ホルモンバランスの変化に敏感である『妊娠初期』の肌への
塗布などは、注意が必要なことがあげられます。

ただ、妊娠初期に、もうアロマトリートメントを
うけてしまった!どうしよう!と思われてしまった方が
おられたら、ひとまず安心して頂きたいのですが、

通常に希釈された1%濃度でのトリートメントを
( オイル10mlに2滴の精油で、1%濃度 )
一度受けた位で、即、大変な事態になるということは、
まず考えられないそうです。

ただ、働きを上げる、良くする作用のある精油でも
体の状態によっては利用するにあたって
控えた方が良い場合が多いので、
妊娠が判った時には、主治医に相談したり
安心できる状態でのご使用をおすすめします

誰もが良い香りと言っても、自分には苦手だったり
いつもは良い香りも、なぜか今は苦手だったり…

そのときどきの感覚に
気付いて、それを確認することは、
毎日の生活の中でとても大切だと
感じております…(* ´ ▽ ` *)

では、また!

02:43  |  ★精油のご紹介  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2016'02.22 (Mon)

精油(せいゆ)

コハナのブログをご覧の皆さま、こんにちは!

前回はさらっと脱線してしまいましたが
今日は精油(エッセンシャルオイル)について
ご紹介したいと思います。

まず…一般的に出回っているアロマグッズの
商品名をチェックして頂くと

「アロマエッセンス」
「〇〇香料」
「フレグランスオイル」

と表示されている商品と、

「精油」または
「エッセンシャルオイル」

と表示されている商品とは、

「たこ焼き」と「たこ焼き風味」
が違うように、
構成されている成分が違う為、
ハッキリと区別されています。

(個人的にうまい棒たこ焼き風味は好きです)
(でも基本的に、バナナ風味はあまり…)
はっΣ(゚□゚(゚□゚*)話が逸れました、

精油(エッセンシャルオイル)と
表示されているものは、
その植物の成分100%のもの。
大量の植物から濃縮、抽出され
僅かにしかとれないものです。

それだけの凝縮成分なので
基本は希釈しての利用です。

私の実体験失敗談としては、
家で柑橘系の精油をこぼし、
ビニール素材のものがオレンジ色に変色
したり(;;)
空にしたつもりでいたビンに精油が
まだ残ったまま落として割ってしまい、
翌日まで強すぎる香りが充満したり…
(気分が悪くなる場合もあります;;)

アロマテラピーという芳香「療法」に
使用する精油は効果がでやすい分、
扱いに気をつけつつ、
その時のお体の状態によっても
変化や効果も違うものです(* ´ ▽ ` *)

次回は精油の種類をご紹介したいと思います。

では、また!

02:19  |  ★精油のご紹介  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。